本文へスキップ

借金を返せないとどうなるのか?弁護士法人オリオン法律事務所横浜

TEL. 045-900-2817

平日20時・土曜17時まで営業 横浜駅西口徒歩8分

多重債務でも住宅を維持できる個人再生,住宅処分後は自己破産

借金相談・債務整理トップ > 借金を返さないとどうなるのか?

借金が返せないときは速やかに弁護士に相談を!

借金の滞納のその後は

借金を返さないとどうなっていくのか

 銀行や消費者金融からの借入サービスや,クレジットカードでのお買い物は大変便利なものです。こうした金融機関にとって,お金を借りて利息を払ってくれるお客様は神様です。利息のかからないクレジットカードの一括払でも,利用の際に加盟店が手数料を払っていて,カード会社に収益をもたらします。ましてや,この低金利の時代に,リボ払いや分割払で年利15パーセントを超える金利を支払ってくれるお客様は,業者にとっては最上のお得意様といえます。業者は各社サービスを工夫して,リボ払いの便利さをアピールしています。

 ところが,そんな業者に借りた借金を返せないとどうなるのでしょうか。ここではその先の話をしてみたいと思います。

借金滞納1ヶ月

  借金の支払期日を過ぎた場合,まず1週間以内には,「お支払いをお忘れではありませんか」と電話があるでしょう。大抵の場合はコールセンターの女性のオペレーターからの事務的な連絡です。この時点では単なる支払忘れという扱いで,人間誰しもよくある手続き上の問題という扱いです。「忘れていました」「すぐに払います」といった対応で足ります。

 もっとも,払いますというと大抵「いつお支払いになれますか」と聞かれます。支払を疑われてはいるのですね。払うといった日までに払わないと,どうなっているのかということでまた電話があります。

借金滞納2ヶ月 ブラックリスト掲載

 支払期限から60日返済をしないと,信用情報機関(いわゆる「ブラックリスト」)に滞納として掲載される扱いです。ブラックリストに掲載されますと,新しい借金の審査が通らなくなります。自転車操業で返済のために借金を続けてきた方ですと,ここで新たな借入ができなくなり,詰んでしまうことになります。

 この頃になりますと,いよいよ督促が厳しくなってきます。携帯や自宅への電話,連絡がつかない場合は職場への連絡,書面での督促が続きます。ただ,業者によりますが,この時点ではまだお客様としての丁寧な扱いを受けられることが多いようです。

借金滞納3ヶ月超

 3ヶ月滞納が続きますと,業者にもよりますが,金融機関の内部で担当部署が変わります。一般の顧客対応係やカスタマーセンターではなく,債権回収を担当する専門部署が担当するようになり,多くの場合男性の,場合によっては多少コワモテの口調で電話がかかってくることになります。

 弁護士に借金の整理を依頼しない場合は,今後の返済計画について真摯に説明していく必要があるでしょう。

借金滞納4ヶ月超

 業者にもよりますが,滞納が4ヶ月となってきますと,今までのような分割払ではなく,一括払での完済を求められることが多くなります。
 また,業者からの督促方法も,威圧的な内容証明郵便が使われたり,自宅に裁判所から手紙が届いて,裁判所の手続(支払督促や訴訟)が始まることとなります。借金の詳細を家族に秘密にしている方ですと,この時点で訴状などが家に届き,借金滞納の事実を家族に知られてしまう可能性があります。

訴訟・給料差押へ

 裁判所から手紙が届いた場合(支払督促や訴訟)は,直ちに弁護士に相談して下さい
 支払督促や訴状は放置してしまうと,相手の主張を認めたことになり,(支払督促の場合厳密には異なりますが)簡単に言えば訴訟に負けた扱いになってしまいます。また,放置しなかったとしても,お金を借りたのが事実である以上,通常は裁判に負けてしまうことになります。
 そして,裁判所から判決が出ますと,最終的には財産を差し押さえられてしまいます。よくあるのが,業者が勤務先を知っていた場合の給料の差し押さえです。会社に借金の件が知られることになり,大変居心地が悪い思いをすることになりかねません。
 早急に弁護士に相談をして,適切な解決方法を選択していくことが大切です

借金滞納の放置は禁物です

 こうして,滞納が続きますと,「お客様」であった借主が,「債務者」としての扱いへと変わっていくのです。業者にとって,債務者はお金の返済を滞納した,けしからん相手でしかありません。時には給料が差し押さえられ,ローンで買った自動車は引き上げられ,保証人がいれば請求が行き,お持ちの住宅は競売されてしまうことになります。業者はボランティアや親切でお金を貸してくれたわけではない,商売でやっていたに過ぎないということを,改めて痛感することになるでしょう。

 借金を滞納してしまった場合,頼れる先は,まずは弁護士です。早急にご相談になって下さい。
 なお,親族や友人に支援を頼んで解決する方もいらっしゃいますが,弁護士に相談になった後に支援を頼むほうが,親族等にかける迷惑が少なくなることがありますから,まずは弁護士にご相談ください

借金滞納の問題は横浜の弁護士へ

 オリオン法律事務所横浜支部では,借金の今月の支払ができないという方,借金を何ヶ月も滞納してしまっている方,中には何年も払っていないという方や,業者から訴えられているという方まで,あらゆる借金の滞納についてのご相談をお受けしてきました。

 借金の滞納問題については,まずは弁護士にご相談下さい
 借金問題の解決には,いろいろな選択肢があります。今後について大きな不安がおありでしょうが,大抵の問題は弁護士に相談し法律を駆使すればクリアしていくことができます。借金の滞納問題については,数多くの借金問題を解決してきた横浜の弁護士にご相談ください

弁護士 笹浪 靖史

債務整理のページへ戻る

横浜の弁護士 債務整理サイドバナー


対応地域

弁護士法人オリオン
法律事務所横浜支部

〒220-0004
横浜市西区北幸2-10-39
日総第5ビル9階

TEL 045-900-2817
FAX 045-900-2818
[受付時間] 平日9:30-20:00
      土 9:30-17:00
      メール常時受付