本文へスキップ

浪費が原因の借金でも個人再生で減額できるか?弁護士法人オリオン法律事務所 横浜

TEL. 045-900-2817

平日20時・土曜17時まで営業 横浜駅西口徒歩8分

個人再生による債務整理

借金相談・債務整理トップ > 個人再生(個人民事再生) > ギャンブルや浪費が原因の借金と個人再生

個人再生 よくある質問(横浜の弁護士によるQ&A)

オリオン法律事務所の個人再生の経験豊富な弁護士が質問にお答えします。無料相談のときにもなんでもお尋ね下さい。

Q.ギャンブルや浪費が借金の原因でも個人再生で借金が減るのですか?

A.結論から言って,ギャンブルや浪費は個人再生をする上で問題にはならず,借金は減ります。

 自己破産の場合ですと,免責不許可制度があり,ギャンブルや浪費が非常に激しいと,借金がなくならない可能性があります(自己破産Q&Aの一問目参照)。

 しかし,個人再生には免責不許可という制度自体がなく,そもそもギャンブルや浪費が問題になる余地がありません

 個人再生を申立てした後,再生委員という別の法律事務所の弁護士のところで面談をする機会があるのですが,当職の経験では,ある再生委員の先生は,「個人再生は免責不許可制度がないから借金の原因は何も聞かないというのが私の考え方です」とおっしゃる方もいる位でした。
 もっとも,多くの再生委員の先生は,借金の原因について質問される方が多いとは思います。ただその質問も,免責を不許可にする趣旨で聞いているのではなく,個人再生が認められた場合にちゃんと払っていけるかどうかを確認する趣旨で聞いているに過ぎないのです。

 そういうわけで,ギャンブルや浪費が非常に多額で自己破産では免責不許可が心配だ,というときは,個人再生をすればいいということになります。支払額は自己破産より増えてしまいますが,借金の大幅な減額は可能です

 なお,ギャンブルなどの単なる浪費の場合は該当しませんが,人にケガをさせた場合の治療費など,一部の債務については個人再生をしても減額されないものがありますので(非減免債権),この点は別の解説をご参照下さい。

 ギャンブルや浪費が借金の原因だという方は,ご不安もおありと思います。
 それが個人再生でどういう影響があるか,適切な整理の方法は何があるか,オリオン法律事務所で検討が可能ですので,一度お気軽に横浜の弁護士までご相談下さい。

弁護士 笹浪 靖史

個人再生のページへ戻る

オリオン法律事務所横浜支部

横浜の弁護士 債務整理サイドバナー


対応地域

弁護士法人オリオン
法律事務所横浜支部

〒220-0004
横浜市西区北幸2-10-39
日総第5ビル9階

TEL 045-900-2817
FAX 045-900-2818
[受付時間] 平日9:30-20:00
      土 9:30-17:00
      メール常時受付