本文へスキップ

任意整理は横浜の弁護士 オリオン法律事務所【横浜駅西口】

TEL. 045-900-2817

平日20時・土曜17時まで営業 横浜駅西口徒歩8分

任意整理

借金相談・債務整理トップ > 任意整理

任意整理による借金・債務の整理とは

任意整理

 任意整理とは,弁護士が皆様の代わりに銀行や消費者金融などの借入先業者と交渉して,皆様が返済可能な金額に借金の金額を減らしたり,将来の利息カット・分割払などの返済方法を約束して業者と和解する債務整理の方法です。

 任意整理はあくまで弁護士と業者との任意の交渉により借金の減額を目指す手続ですので,弁護士に依頼をすれば基本的にあとはお任せでよく,自分でやる必要があるのは毎月の弁護士費用や返済金の積立だけです。

 任意整理による借金の減額の内容については,自己破産や個人再生のように裁判所が強制力ある決定を出すわけではありませんが,利息制限法違反の金利や将来の利息をカットするといった弁護士会の基準があり,弁護士はこの基準に従った内容で和解することを業者に求め,多くの業者はこれに応じます。
 任意整理では,通常,借金の将来の利息をなくして元金だけの支払にすることができます。この元金だけを3年間〜5年間の分割払にして完済を目指していくことになります。

 オリオン法律事務所横浜では,借金にお困りの皆様から任意整理のご相談・ご依頼を承ります

任意整理の長所と短所

任意整理により借金・債務を整理する長所短所の主なものは以下のとおりです。

任意整理の長所

借金の総額と毎月の返済額の減少

 任意整理により借金の将来の利息が通常はカットされ,元金だけの返済になります。利息で借金が増えていくということがなくなりますので,返済すればするだけ借金が減ることになります。また,過去に利息制限法違反の金利を支払っている場合,違法な金利をカットする引き直し計算を行いますので任意整理により大幅に借金が減額する場合があります。
 また,長期の分割払になりますので,毎月の返済必要額も減る場合がほとんどです。

全社整理しなくてもよい

 複数の借金先がある場合,自己破産や個人再生ではすべての借金を整理対象としてすべてを一律に免責・減額しなければなりませんが,任意整理は特定の借金先だけ整理することができます。例えば,状況にもよるのですが,ある特定のクレジットカードだけは今後も使い続けたり,親族からの借金を任意整理せず今までどおり返済を続けるということも可能な場合があります。

秘密の確保

 自己破産個人再生では,あまり見る人はいませんが,官報に氏名が掲載されることになっています。しかし,任意整理にはそもそもそうした公告の制度はなく,任意整理を行っていることを貸金業者以外の第三者に知られることはありません。家族や知人に知られてしまう可能性は自己破産や個人再生の場合よりもさらに小さくなります。

資格の制限がない

 自己破産の場合,手続き期間中は生命保険の募集人や宅建士,警備員の資格など一部の資格が制限されますが,任意整理をしても資格に制限はありません。どのような資格でお仕事をされていても,仕事に支障はありません。

財産に影響がない

 自己破産の場合,高額な財産は処分されてしまうのですが,任意整理手続を行うことで財産が処分されることはありません(※自動車ローンや割賦払いでの購入商品など担保に入っている財産については影響がある場合があります。)

比較的簡単な手続

 自己破産個人再生は裁判所を介した手続ですので,資料を集めたり裁判所に行ったりという手間があります。しかし,任意整理はオリオン法律事務所横浜まで一度ご来所頂いて弁護士と面談後は,電話や書面でやりとりするだけでかまいません。他にやっていただくことは毎月の費用の積立くらいです。

任意整理の短所

元金を分割払できるだけの収入が必要

 任意整理では基本的に借金の元金は払う必要があり,自己破産や個人再生のように借金の元金の減免までできるわけではありませんから,借金の元金だけは分割で払っていける程度の収入が必要です。ただし,利息制限法違反の高金利を長く支払っていた場合は任意整理でも借金の元金まで含めた大幅な減額が見込めます。

当分の間新規クレジットカードは作成不可

 弁護士に依頼して任意整理を行っているという情報は完済から5年の間,信用情報機関に登録され,新しくローンやクレジット契約をする際に審査が通りにくくなります。なお,任意整理を行っていない既存のクレジットカードについては返済を継続している限り利用を継続できることが多いですが,カード会社の判断により将来利用を停止される場合はあるようです。なお,デビットカードは利用できますので,日常の買い物でカード決済をしたい方はデビットカードをご利用ください。

任意整理の流れ

受任通知の発送
 ↓(ご依頼後すぐ)
業者に任意整理のため弁護士が介入したことを通知します。
以後,業者からご本人への請求はストップします。
業者への自身での返済は止めて頂き,その代わりに弁護士費用や将来業者に返済していくための原資を毎月当事務所に積み立てて頂きます。
借金の調査
 ↓(2ヶ月〜)
業者から過去の取引履歴や債権の届出を受け,当事務所で利息制限法違反の金利や過去の遅延損害金をカットする引き直し計算をして,返済すべき借入金額を確定します。
もしも計算結果が過払いとなれば,業者に過払い請求をします。
任意整理の方針検討
 ↓
全ての業者の借入金額が確定したら,任意整理の支払計画を作り,今後,ご本人の収入から任意整理で支払っていくことが可能かを再検討します。
任意整理の支払が可能と考えられれば任意整理に方針が正式決定します。将来の支払が困難と考えられる場合は自己破産個人再生を検討することもあります。
任意整理和解交渉
 ↓(数ヶ月)
将来の利息カット及び元金の長期分割払を求め,弁護士が業者と任意整理の交渉をします。
最大の分割回数など,業者ごとに任意整理に対する対応が異なるところです。中には任意整理に非協力的な業者もあり,時間をかけた交渉が必要になることもあります。
和解契約
 ↓
毎月返済可能な金額を踏まえて業者と任意整理の和解をします。ここで今後の返済条件が正式に決まります。
元金だけの36回払い〜60回払いとすることが多いですが,状況によっては元金72回や96回払いの長期分割とする例もあります。
元金分割返済
 ↓
任意整理の和解で決まった返済条件に従って完済まで返済を続けます。
オリオン法律事務所横浜では,返済の方法として,毎月皆様に当事務所に返済資金を一括入金していただいて当事務所から各業者に返済する形と,皆様ご自身で直接各業者に返済していただく形を皆様に選択していただけます。
完済
各業者への返済が完済した後,預り金があれば清算し,任意整理が終了します。

任意整理は実績豊富な横浜の弁護士へ

任意整理ならオリオン法律事務所横浜

破産/民事再生

 任意整理は,ご依頼者様の借金の返済が厳しいことを理由に,弁護士が各業者に対してあくまで任意に借金の減額を求めていく手続です。法律に基づく手続である自己破産個人再生と違って,各業者に対して法律的な強制力があるわけではありません。

 以前からのことですが,各業者にはそれぞれの方針があり,素直に借金の減額に応じないという業者も珍しくありません。各業者が任意整理に応じなければ,任意整理による借金の整理は実現しません。そうした中,各業者の理解を得て任意整理を実現していくためには,対応の異なる様々な業者に対し弁護士が適切に交渉を行うことが大切です。

 オリオン法律事務所では,大手業者に限らず中小の業者まで含め,多くの業者との交渉実績があり,それらを資料として保有し,任意整理に対する各業者の対応を予め想定した上で任意整理の交渉を進めています。
 また,弁護士による任意整理といっても弁護士により対応が若干異なりますので,業者も弁護士ごとに対応を変えている場合があります(例えばアコムは弁護士ごとに対応が違うようです。)。過去の統計によれば弊所の債務整理の依頼者の7〜8割が自己破産を選択していますから,各業者は弊所からの任意整理の通知よりもむしろ自己破産の通知を多く受け取っているだろうこともあって,弊所提案の任意整理に応じないと,弊所はいざとなれば躊躇なく自己破産に方針を変更してしまうことを知っていることがあるようです。各業者からすれば,自己破産をされてしまえば1円も回収できないのが通常ですから,弊所弁護士が提案する任意整理に応じたほうが合理的ということもあります。(依頼者の方との相談となりますが,実際のところ,無理に任意整理をしていくより自己破産をした方がよいケースは沢山あり,実際に任意整理から自己破産に方針を変更するケースもしばしばあります。)
 こうした裏付けある交渉力をもってオリオン法律事務所では任意整理業務を行っています。

 オリオン法律事務所の弁護士はかねてより多重債務の問題に関心があった経緯があり,弊所では積極的に債務整理事件に取り組んできました。
 オリオン法律事務所横浜は,任意整理の豊富な経験とノウハウで,各業者と借金減額の交渉を行い,皆様の経済的再生のお手伝いをさせて頂きます。
 債務整理・任意整理については安心と実績の横浜駅西口オリオン法律事務所にご相談下さい

オリオン法律事務所の任意整理解決事例

 ※ オリオン法律事務所で任意整理を行って,借金を減額した解決事例をご紹介します

オリオン法律事務所横浜支部

任意整理 よくある質問(弁護士によるQ&A)

 オリオン法律事務所の任意整理の経験豊富な弁護士が質問にお答えします。無料相談のときにもなんでもお尋ね下さい。

Q.任意整理は誰でもできますか?

A.任意整理をすると借金の将来の利息がなくなり元金だけの返済となるのが通常ですので,今後いままでどおり利息付で返済を続けていく場合と比較すれば大幅な借金の減額が見込めます。そして,減額後の借金は3年〜5年程度で分割払をしていくことになります。ですから,まず現在の借金の元金が返済可能な範囲なのか,今後毎月の家計から支払に回せるだけのお金を継続的に出していけるかにより,任意整理の実現可能性が左右されます。
 既に借金総額が多すぎるということでなければ,無職で収入のあてがないといったことでない限り,自分の稼ぎや配偶者の協力によってほとんどの方は任意整理をすることができます。ただし,任意整理ができるか,メリットがありそうかは,弁護士がご事情を踏まえてお話しますので,一度横浜まで無料相談においで下さい

弁護士 笹浪 靖史

Q.車のローンは任意整理できますか?

A.通常,自動車のオートローンではローンを完済するまでの間は車が担保になっていますから,任意整理をすると,車が業者に引き揚げられてしまうことが多いため,車を今後も使用したいという場合は,任意整理の対象とはしません。
 ただし,オートローン以外にも借金がある場合,オートローンについては任意整理せずに自分で支払を続けた上で,他の借金だけを任意整理することで借金全体の支払額を減らすことができます。
 また,オートローンについてはご親族など第三者の援助を得て返済をしてしまって自動車を維持しながら,他の借金は自己破産で整理できないか検討するなど,借金の全体を見て他の借金の整理方法も考えながら,今後の生活にとって一番よい借金の整理方法を考えることが大切です。
 あなたの今後にとって一番よい方法を一緒に弁護士が考えますので,横浜まで無料相談においで下さい

弁護士 笹浪 靖史

Q.金利が低い銀行のカードローンでも任意整理するメリットがありますか?

A.銀行のカードローンは借金の借入れ枠が大きい場合が多く,多額の借金をしてしまっている方が多いです。
 借金金額が大きい場合は将来の利息カットのメリットは大きくなります。例えば,100万円の借金に15%の金利がついている場合,金利だけで毎年15万近くかかるのですから,月数万円の最低限の支払をしているだけではいつまでも借金がなくなりません。
 任意整理で将来の利息をカットすれば,以後は支払った分だけ元金が減っていきますから,金利が低かったとしても借入総額が大きい場合は任意整理には大きなメリットがあります。
 また,任意整理で元金のみの支払をしていくことで間に合わない場合は,自己破産個人再生をすることで元金を含めた免責を得たり大幅減額していくことも考えられます。

弁護士 笹浪 靖史

Q.私の借金の整理の方法は任意整理が良いのでしょうか?

A.業者の顔ぶれ,任意整理による借金減額の見込み,借金の総額,ご家計や資産の状況によって最も良い借金の整理の方法は異なります。状況によっては任意整理ではなく自己破産個人再生が適しているかもしれません。
 オリオン法律事務所では,依頼者の方が無事債務整理を終えて再出発して頂けるよう,将来にわたってできるだけ問題が起こらないよう,過去の数千件に及ぶ経験を元に予め考えて,あなたにとって一番適切な債務整理の方法を決めています。
 どのような債務整理の方法をとるのがよいのか,お話を伺いながら,一番良い方法を一緒に弁護士が考えますので,横浜まで無料相談においで下さい

弁護士 笹浪 靖史

Q.任意整理で借金はどれくらい減りますか?

Q.私はアルバイトなのですが,任意整理はできますか?主婦,学生の場合は?

Q.「おまとめローン」と任意整理はどちらがよいのでしょうか?

Q.任意整理の分割払が払えなかったらどうなりますか?

Q.家族に秘密で任意整理できますか?

Q.任意整理から自己破産への変更はできますか?

Q.借金でギャンブルや浪費をしてしまいましたが任意整理はできますか?

Q.任意整理をするとクレジットカードは作れませんか?

オリオン法律事務所横浜支部

横浜の弁護士 債務整理サイドバナー


対応地域

弁護士法人オリオン
法律事務所横浜支部

〒220-0004
横浜市西区北幸2-10-39
日総第5ビル9階

TEL 045-900-2817
FAX 045-900-2818
[受付時間] 平日9:30-20:00
      土 9:30-17:00
      メール常時受付